九州日植株式会社本文へジャンプ

ここから本文です環境緑化製品(飛来種子利用)

飛来(ひらい)ステーション

飛来ステーション
植生誘導マット
自然回復緑化という発想から生まれた飛来ステーション。
環境負荷低減と環境調和を推進します。
飛来ステーション施工状況

特長

画期的な飛来種子捕捉能力!


飛来ステーションは、従来の平面的なネットとは大きく異なり、立体構造のネットを使用しています。
さらに、ネット目合いを大きくしたことで、飛来種子の捕捉能力が飛躍的にアップしました。
飛来ステーションは、飛来種子捕捉能力を高くしたことで、周辺からの植生誘導効果が望めます。

長期間の侵食防止効果を実現!
植生誘導マットである飛来ステーションは、施工直後は従来の植生マットのような全面を覆う緑化は期待できません。そのため、飛来ステーションは、薄綿による長期間の侵食防止効果が必要となります。
飛来ステーションは、分解速度の異なる2種類の繊維を薄綿に混紡することで、長期間の侵食防止効果を可能としました。

生分解して自然に還る!
飛来ステーションの主構成材料は、ネット、薄綿、肥料袋全て生分解性の素材でできています。
分解速度は現場状況や植生状況などによって大きく異なりますが、施工後3〜4年程度はネット形状を保ちます。
ページの先頭へ