九州日植株式会社本文へジャンプ

ここから本文です環境緑化工事

マザーソイル工法

現存の埋土種子を活用して生態系を守る

新技術活用促進システム登録工法
(NETIS登録工法NO.CB−010041)
[工法写真]マザーソイル工法

特長

  • 地域固有の植物が成立し、遺伝子の撹乱がありません。
  • 土壌シードバンク用の植生基盤材によって、木本類の発芽生育が良好です。
  • ヤシ製の特殊ネットによって、植生基盤材が長期間保護され、流亡が防止されます。
  • ヤシ製の特殊ネットは腐食性であるため、根株への食い込みがありません。
  • エアーで表層土をほぐしながら吸引採取するため、林床を荒らしません。
  • 従来の表土を使用する工法に比べ、施工性が向上します。
ページの先頭へ